顔脱毛すれば自己処理で肌を傷めなくなる

また顔脱毛で産毛やムダ毛を処理してしまえば、自己処理が不要になります。

顔の産毛を自己処理するときに、カミソリや毛抜を使っている人は多いでしょう。 しかし、カミソリや毛抜で自己処理していると、肌を傷めることになります。

いくら丁寧に処理しているつもりでも、カミソリを使うと目に見えないような細かい傷がついています。 カミソリ使ったあとで、かゆくなったり、ヒリヒリしたりしたことがあるでしょう。 それは肌を傷つけているからです。

毛抜の場合は毛穴に大きな負担がかかり、肌を痛めます。 炎症を起こしてニキビができたり、埋没毛になることがあります。

このような自己処理を続けていると、炎症によりメラニン色素が生成され、黒ずみやシミのようになることもあるので注意しましょう。

ページの先頭へ戻る